love river  〜あなたのもとへ還る(かえる)〜

見た目は山ですが・・(笑)

聞こえてきたメッセージは、「love river」・・川でした。

続いて、“愛する人のもとへかえる”と。あなたのもとへ還る、と訳しました。(訳す、以外の表現が見つかりません。)

もしかすると、仕事の帰宅を待つ家族(夫、妻、子供、親、ペット・・)や、恋人がイメージしやすいかもしれません。

見えた情景は二つあり、もっと壮大で、人と人が意識上で繫がっているものでした。

誰しもが、生まれる前は母親のお腹(子宮)の中にいました。一年近くの年月を、暖かい羊水の中で、母親に守られて生きていました。もっと言えば、妊婦の母親をサポートする周りの家族や、もしくは病院関係者、市役所の人など・・間接的にでも、本当に多くの人たちに守られて育った一年近くだったと思います。胎内記憶は子どもの頃はあっても、成長するにつれて忘れてしまうといいますね。

人の意識は、いずれ純粋無垢の光(魂)になり、母親の温かな愛に守られていた胎児の頃のような場所へ帰る、イメージを受け取りました。

もう一つは、これは最近お遍路に行ったことも関係あるかもしれません。やはり多くの方が、先に旅立った最愛の人たちを想い、愛し、影響を受け続け、最愛の人たちからの愛をずっと受け取り続けていると感じました。“愛する人のもとへかえる”というメッセージは、意識の上では別れはなく、いつでもその愛にアクセスでき、愛は循環して、“今・ここ・わたし”の生活を支えていることだと。だからこそ、今この瞬間を惜しみなく力強く生きる、という方々がほんとうに多かったです。

愛って、直線よりも曲線で丸みがあるイメージのほうがしやすくありませんか。

そのイメージ通り、途切れることなく、まぁるく循環して、いつの時代でも“今・ここ・わたし”を形どって流れていっているのかもしれませんね。

title:love river

寂しさ、孤独を感じやすい人に・安心感の欲しい時に・背中を押してほしい時に・守護・メンタルサポート・愛・勇気・・などの光を込めました。

error: Content is protected !!