今こそ愛を〜ノートルダム寺院へ再び〜

先日、ノートルダム寺院に火災が起きましたね。正直、頭をハンマーで殴られた勢いでびっくりしました・・。

なぜなら、「もう一度ノートルダム寺院に行く!」ことが、20年近く前のわたし自身の生きる目標だったからです。そして驚いたことに、そのことを今までスッポリと忘れてしまっていました。

初めて行った時、17歳でした。

その景観、無数の蝋燭のともし火、祈りを捧げる大勢の人、低く響く男の人の歌声・・全てがパーフェクトで、この世とは思えない場の空気に圧倒されました。涙が出て止まりませんでした。あの時、なぜ涙が出るのかもわからず、ただ感動に震えました。

「絶対にまたここへ来る!」と誓いフランスを後にしました。当時、自分にも生きて行く目標ができたと安堵したのを覚えています。

それから月日は経ち、何度かチャンスはあったものも躊躇し、そしてすっかり忘れていました。ネットでニュースを見かけて、「なんてこと・・」と思いました。そしていつも家に来ていた野良猫が、その日、家の前で車と衝突し亡くなりました。わたしにとってはダブルショックな出来事でした。

人生には、“まさか・・!”と思うことが起きますね。先送りにしていたことが、突然、もうしようのない状況になってしまったり。当たり前だと思っていたことが、突然消えて無くなってしまったり。普遍的なことは何もありません。全て移り変わりゆくようにできています。今この瞬間も。今回のダブルショックにより、痛感しました。

全ては流動的で留まりはしないからこそ、「今この瞬間」、「今」を大切に。

今だからこそ、行動できることを幸いに思いながら・・。

error: Content is protected !!