“precious” 〜大切な〜

“precious”

プレシャス・・日本語では、大切な、貴重な・・という意味。

描いているとそんな言葉が降りてきました。

わたしが絵を本格的に描き始めたのは16年前のことです。美術系の高校に進学し、始めに学んだことは目に見えるものをそのまま写実することでした。油彩の授業で抽象画と出会い、初めて描いた抽象画は、なぜか恩師に気に入られ、そのまま卒業するまで恩師の部屋にずっと飾られていました。

美術系の大学に進学し、当時は自分の体より大きい100号キャンバスに抽象画を描き続けていました。わたし自身のことについては、またおいおい書かせていただきますね。わたしだったら、描き手のプロフィールを一番に見るタイプなので。興味のない方、スルーしてください笑

抽象画との出会いは、電気が走ったというよりかは、なにこれ、めちゃくちゃ楽しい!でした。わかりやすいイメージで伝えると、シャーマンのような・・宇宙と繋がって、まるでなにかに取り憑かれたように描いていくという感じです。色も構図も決めずに。“降りてくる”と言ったりしますが。だから、降りてこないときはもうダメで、全然描けませんでした。まず自分の魂と繋がって、次にさらなる上の存在と繋がって・・という感じです。当時、自分の魂と繋がるのも簡単でなかったなぁと思います。

話は戻りますが、そんなこんなでprecious。描いていると、気づいたら海のような・・浜辺のような感じになっていました。なにも意図してはないのですが。

大切なもの、貴重なもの、あなたにとって何ですか?

うーん・・と考えてしまう方もいれば、複数思い浮かぶ方もいらっしゃるかもしれませんね。まず、思い出してください。思いを馳せるこの時間、幸せです。私たちには選択肢がありますから。まだ、何も遅くはありません。

大切なものや貴重なものって、すでに私たちは得ていて、身近なところにあるのかもしれませんね。

error: Content is protected !!