理想の自分より、ありのままの自分

ゴールデンウィーク真っ只中。

みなさま、どのようにお過ごしですか?私は、いつもと変わらない日々を送っています。

若い頃から、国民の祝日や大型連休とはまったく縁のない生活を送っていました。そして、いつもスーツでした。世の中には、可愛い制服やお洒落なファッションに身を包んで働いている人達もいるのに、どうしていつもスーツ?と思っていました(笑)。肩につく髪は結ぶ、髪色は何番まで、ヒールの高さは何センチまで、アクセサリーは1個まで・・・・・・職種が異なっても大体の条件はいつも同じでした。それでも、パリッとしたスーツに身を包むと、理想とする自分に近づけたように感じて胸が高鳴りました。私の父は厳格で真面目だったため、無意識のうちに父の望む“きちんとした”自分になろうとしていたのかもしれません。“理想とする自分”よりも、“ありのままの自分”のほうが人生を生きていくためには大切なのですが。

ここ数日は作品の撮影をしていました。

自然からエネルギーを受け取ることが多いので、草や葉っぱの中に置いてみるとしっくりきます。ガラスのような無機質な感じも大好きですが、自然の中に在るほうが、絵が本来の場所に帰った感じがします。最近知った言葉に、アニミズム(animism)があります。全ての動植物や、風、木々、星、川・・無生物などにも魂が宿るという考え方です。全てが該当するかはわかりませんが、共感する部分が多かったです。

まだまだ始まったばかりのゴールデンウィーク、そしてもうすぐ令和。

古い自分をアップデートして、楽しんでいきましょう^^

error: Content is protected !!